毎日プラスワン掃除-お風呂場

コロナと暑さのせいで思うように出かけられない日が続いています。夕食を外食にしてお酒を飲むと車が運転できなくなるので、外食はランチがほとんどになりましたが、暑いのでなかなか腰が重く、食料品の買い物以外はほとんど出かけません。庭の草も気になりますが、この暑さ、熱中症になっては困るから、とクーラーの効いた部屋で過ごす時間がほとんどです。いままで30度を超す暑さは数日だけだったのに、今年は本当に暑いです。


でもせっかく家にいるのだからと思い切って「1日一箇所をきれいにする」と決めました。いつもの掃除に加えて、水回り、引き出し、窓など、毎日の掃除ではあまり重点的にやらないところを徹底的にきれいにすることにしました。


まずいつかやろうと思って伸び伸びになっていたお風呂の掃除と決めました。お風呂というよりも、お風呂場のドアです。スライドドアのレールにカルキが溜まっていたのが前から気になっていました。


ドアを外してみるとレールをスライドする下の部分が汚いのに気づきました。またレールも外すとその下も汚い😅


お風呂に水を溜め、クエン酸を溶かしてまずレールを浸けました。ドアの下の部分を少しきれいにしてから、お風呂にその部分が浸かるように壁に立てかけます。時間を置いたほうが良さそうなので、その間にレールを外した部分にクエン酸で液をスプレーし、キッチンペーパーで覆ってまたその上からスプレーします。


しばらくしてからレールの下の部分の汚れを取ろうとしましたが取りきれず、またクエン酸をスプレーしてキッチンペーパー覆ってその上からまたスプレー。


午後から始めましたが、寝る前にもう一度キッチンペーパーにスプレーしました。


次の日には汚れがかなり落ちやすくなっていました。古い歯ブラシで擦るときれいに汚れが落ちました。お風呂に浸けておいたレールもドアの下の部分もきれいに汚れが落とせました。


これで学んだことは、焦って汚れを落とそうとするよりも、時間を置いたほうが楽にできる、ということでした。こまめにやっていればそんなに時間をかける必要はないのでしょうけど😅


水回りはクエン酸が大活躍してくれました。



               アマゾンで見る